こばやし農園

☆ 条南小学校での交流会 ☆


 平成17年1月28日に学校給食に農産物を提供している生産者と調理をしている調理師と小学生との交流会ということで三条市立条南小学校へ行ってきました。1月24日から28日は学校給食週間という事で市内の小学校でいろいろな交流会が行われたそうです。私もこのような交流会は初めてだったので楽しみにしていました。当日はまず全校生徒が体育館に集まった中で、生産者と調理師がステージ上で紹介されました。その後、下に降りて給食に関係した劇を児童が行い、次に児童と一緒になってクイズを楽しみ、最後に各クラスに生産者と調理師が一人ずつ行って給食を食べるといった内容でした。
 
全校生徒が集合した中で、このようにステージ上に上がりました。 一人一人紹介された後に、生産者の代表者の方が挨拶されました。前列で黒いダウンを着ているのが私です。
児童と一緒に野菜に関したゲームをして楽しみました。 児童が給食に関する劇を行いました。
私もこのような交流会は初めてだったので楽しみにしていましたが、難しい質問をされると困るなとも思いました。当日はまず全校生徒が体育館に集まった中で、生産者と調理師がステージ上で紹介されました。その後、下に降りて給食に関係した劇を児童が行い、次に児童と一緒になってクイズを楽しみ、最後に各クラスに生産者と調理師さんが一人ずつ行って給食を食べるといった内容でした。給食を一緒に食べている時に子供たちはいろいろ質問してきて、それは直接給食に関係していない事が多かったのですがその会話は楽しかったです。
食事が終わったあとに私はこの時に、自分が小学生だった頃に学校での楽しみのひとつが給食であった事を思い出しました。食の重要性はもちろんの事、人とご飯を一緒に食べるという事も人とのつながりの中でとても大切なものだと改めて感じさせられました。